横浜市瀬谷区の眼科 - こだま眼科 - 三ツ境ライフ

こだま眼科 | 横浜市瀬谷区の眼科 | 三ツ境ライフ

045-520-3275

〒246-0022 横浜市瀬谷区三ツ境2番地19 相鉄三ツ境ビルA棟 4階

診療案内

診療時間

診療時間

※午前は10:00より受付、午後は14:45より受付いたします。
※初診の受付は17:30までとなります。

診療内容

白内障

白内障

ピントを合わせるためのレンズの役割を持つ水晶体が濁り、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出る病気です。
発症の原因としては加齢が最も多く、早い人では40歳位から発症することもあります。水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいきますが、一度濁った水晶体は元通り透明にはなりません。眼球を打撲した場合やアトピー性皮膚炎をお持ちの場合は、より若年でも発症してくる可能性があります。

緑内障

緑内障

緑内障(りょくないしょう)とは、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。
近年、大規模な疫学調査が行われ、40歳以上の日本人の6%近くが緑内障に罹患していることがわかりました。早期発見、早期治療が一番大切な疾患ですので、不安のあるかたは何なりとご相談ください。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病の方の血液は、糖が多く固まりやすい状態になっており、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて眼底出血をしたりします。
そのため、網膜の血流や栄養状態が悪くなってしまい、糖尿病網膜症の原因となります。
糖尿病網膜症は、日本国内で失明を含めた視覚障害の原因の第2位となっています。
糖尿病と診断されたら、必ず眼科で検査を受けましょう。また自覚症状がなくても定期的に眼科を受診されることをおすすめします。

コンタクト処方

コンタクト処方

お一人お一人の視力やライフスタイルに合わせ、適正なコンタクトレンズの処方を行います。お気軽にご相談ください。

Copyright(c) 2019 こだま眼科. All Rights Reserved.

上へ
下へ